楽天市場

2017年07月24日

人口甘味料 認知症

人口甘味料は、栄養学的には糖質の内の糖アルコールと合成甘味料からなります。


糖質ならダイエット的には良くないんじゃないか?と思ってしまいそうですが、人口甘味料は血糖値を上昇させないか、上昇させてもわずかなため、ゼロ系飲料によく含まれています。


血糖値をほとんど上昇させないのに、血糖値を上昇させる砂糖に比べて甘さは100倍以上あるなんとも不思議な成分です。

通常のコーラとゼロ系のコーラとでは甘みが違うと感じるのは砂糖と人口甘味料の違いがあるからといえます。
ということで、ダイエットが気になるけれど炭酸飲料やビールは飲みたいという方は、糖類ゼロのタイプを好んで飲みますね。


ところがこれに含まれる人口甘味料を定期的に取った集団で、摂取しない集団よりも脳卒中や認知症のリスクが高いという研究結果が発表されました。


このての情報があると、だから危険だとか安易に判断せず、リスクがあるから飲みすぎは注意したほうが良いという理解の仕方がよいと個人的には思います。


どんな食物でも、取りすぎはいい訳はありませんし、僅かでも食べると危険ということでもないかと。


特に人口甘味料の人体への影響はまだまだわからないことが多いというのはいえそうです。
ただ、だから砂糖のほうがましと都合の良い解釈をして甘いものを制限なく食べるのは本末転倒だと思います。
posted by ちこ at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180438437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック